「これなら私でも出来るかも!」知らぬ間に行動が変わっていく不思議の本

さすが樺沢紫苑先生!私たちが、日頃漠然と考えたり、悩んだりしていることを、「切れ味鋭い言葉」と「真実が投射されたイラスト」で、スパッと言い切り、行くべき道に明かりを灯してくれています。「行動最適化」を一つまたひとつと実践してみると、「本に書かれた言葉」が日常生活の場で生きていくのを感じます。

気軽に取り組めることばかりが、提示されているので「これなら私もやってみよう!」と、知らぬ間に行動が変わっていくという「不思議の本」。なぜこんな本が書けるのかというと、著者の「深い人間洞察」のなせる業(わざ)、短い文とイラストに「人間の真実」が開示されているからだと思います。

私たちの「毎日の悩み」をあたたかい目をもって、そっと道を示してくれる「著者の言葉」は、生きていくうえで、つねに慰めとなり、励ましとなります。「行動最適化大全」のページをめくるたびに、深い気づきを得て「より豊かな人生を歩んでいこう」と勇気をもらえるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。